2018長崎ランタンフェスティバルに日帰りバスツアーで行ってきました。

家族サービスで長崎ランタンフェスティバルに行ってきました。
娘が小倉に離れて住んでいるので、家族で出かけるのは本当に久しぶりでした。
しかも阪急交通社の4980円のバスツアーで。

長崎滞在時間は3時間、
まずランタンフェスティバルを楽しむ前に腹ごしらえと
「ちゃんぽん」か「皿うどん」を食べようと思ったのですが、
何処も人が多くて並んでいます。

何軒か廻ってなるべく行列が少ないお店に入りました。
嫁と娘は「ちゃんぽん」私は「皿うどん」。
待つこと10分、先に「ちゃんぽん」が運ばれてきました。
娘と嫁が「ちゃんぽん」を食べ終わる頃になっても私の頼んだ「皿うどん」は
出来上がりません。

隣の席からも「皿うどんまだですか?」の声、
オーダー順ではなく「ちゃんぽん」だけ「皿うどん」だけとまとめて作っているようです。
忙しそうにしているお店のお姉さんに「あのぉ〜皿うどんはぁ~?」と声を掛けて
5分後にようやく「皿うどん」が私の目の前に運ばれてきました。

美味しかったですが「リンガーハット」の野菜の量に慣らされているせいか
ちょっと物足りなかったですね。
帰りに「リンガーハット」寄ろうかとまじで思いました(笑)

メイン会場の「新地中華街会場」は先に進めないくらいの人人人。

とにかく集合時間までパンフレットの地図を片手に
歩き回って、カステラも買ってバスに戻りました。

一応カメラは持って行っていたのですが
人の多さと、家族サービスという事で
殆ど写真は撮りませんでした。

ただ残念だったのはバスで2列後ろに座っていたおばちゃん二人が大きな声で
ずっ~と喋りぱなしでうるさくてたまりませんでした。
帰りは大抵寝ていて静かにになるものですが、
そういうことも無く片道3時間往復6時間、よく疲れもせずに
明石家さんま師匠に負けないあのパアーは何処から来るのだろう?と。